当ブログについて

自己紹介どうも、元営業部長です。当ブログは広告会社で9年、ポスティング会社で10年働いていた私が、集客のプロとして販促物のデザイン・印刷・ポスティングについて偉そうに語っていくブログです。

ポスティングバイト記事(アクセスTOP5)

  1. 【求人サイト・募集先の一覧】今のポスティング会社に満足してますか?会社を変えるのもありですよ!

  2. 「ポスティングで3万稼げると思ったけど1万しか稼げなかったから辞めたい」【本質を知れば稼げます】

  3. 【法律違反?】ポスティングを早朝や夜間などの時間帯にしたら!?たった5つを実践するだけで、夜間でも不審者として通報されませんよ。

  4. 【危険】ポスティングのチラシを捨てるなら「ゴミ屋へ持ってけ」のウソ。逮捕・損害賠償されない捨て方は一つだけ【悪用厳禁】

  5. 【断言します】ポスティングバイトは楽しい仕事!ポスティングが辛い・ブラックなんてウソ!ポスティング最高だぜーー!

ポスティングのコツ

【危険】ポスティングのチラシを捨てるなら「ゴミ屋へ持ってけ」のウソ。逮捕・損害賠償されない捨て方は一つだけ【悪用厳禁】

投稿日:2019年1月12日 更新日:

ポスティングのチラシを捨てて捕まった人の実例ポスティングのチラシを配らず捨てたらバレるのか?

配らないでお金もらえたら楽ですよね。

「悪いことだとは思うけど、ちょっとくらい捨てても大丈夫だよね」。

そんなこと思ってますかね?

元部長
どうも、わたくし以前ポスティング会社で10年ほど営業部長をやっていたその道のプロでございます。

【ポスティングチラシ 捨てる】で検索してるそこのあなた。

チラシを捨てるのはやめときましょう。

チラシを捨ててバレたら最悪な結果が待っていますよ。

ネットで検索すると「チラシはゴミ屋に持ってけば無料で引き取ってくれますよ」なんて、ちょっとヤバめの情報も載ってますが危険すぎるので絶対にやめましょう。

安全なやり方は○○だけです。

これについてはnoteで紹介してますが、悪いことは言わないのでゴミ屋はやめときましょう。

なぜならゴミ屋で働いてるのは生身の人間ですよ。

ゴミ屋の従業員が広告主にチクってしまったら一巻の終わりです。

例えばゴミ屋の従業員が「あの人しょっちゅうチラシ捨てに来てるよな、楽して稼ぎやがって、ふざけた野郎だ。」「ん?これ知り合いの店のチラシじゃねえか、こんにゃろめ、、、よしチクってしまえ!」なんて考えをおこすことも有りえますよね。

会社の不正行為が発覚するのは内部告発が一番多いですし、だとするならば、働いている会社(ゴミ屋)で見たり聞いたりした情報を、従業員が友人や家族など親しい人に話す(密告する)ことだって全然ありえますよね。

酔った勢いで口を滑らせてしまうことだってありますし、そもそも人が困ってるのを見て楽しむ愉快犯も結構いるから気は抜けないですよ。

チラシの不法投棄を知った広告主はチラシの配布を依頼したポスティング会社に苦情の連絡を入れ、その連絡を受けたポスティング会社はチラシをゴミ屋へ持ち込んだ犯人は誰なのか、徹底的に調べるでしょう。

それともう一つ、ポスティング会社もゴミ屋にはちょくちょく顔を出すので注意が必要ですよ。

ポスティング会社も配りきれずに残ったチラシや、広告主から指示された期限切れのチラシはゴミ屋に処分してもらってますから。

その時、たまたまあなたがチラシを捨てに行ってて「ポスティング会社の担当者とゴミ屋でばったり」なんてことも有りえますから。

そうなったら現行犯で言い逃れできないですよね。

このような事例も実際あるわけで、信じられるのは自分だけです。

そもそも、なぜあなたはチラシを捨てようと考えてますか?

大きく分けて下記二つに分けられます。

・頑張ったけど配りきれなかった(悪気はなかったタイプ)

・はなから配るつもりはなく報酬だけ得ようと考えていた(詐欺的タイプ)

どちらですかね?

あなたが前者なら私も救いの手を差し上げたいと思いますが、もし仮に後者ならこのページから離脱してもらえませんか?

詐欺師に同情の余地はありませんので。

ゴミ屋に持っていく捨て方の他にも、チラシを捨ててバレるパターンはいくつかあります。

万が一にもバレてしまったら、広告主やポスティング会社から「損害賠償請求」されて、最悪「全国紙に掲載」される「お粗末な犯罪者」になってしまいます。

そうはなりたくないですよね?

そこで、今回は「チラシくらい、ちょっとなら捨てても大丈夫だろ。チラシのバレない捨て方が知りたい」なんてこのページを見てるあなたに、チラシの投棄に関する下記のようなことをお伝えします。

【目次】

  1. チラシを捨てて逮捕、新聞に掲載された実例
  2. ポスティングの悪事で、許される事と許されない事
  3. 絶対にやってはいけない捨て方
  4. ポスティング会社がチラシを捨てられないために対策していること
  5. 「怪しい」とマークされる配布員の8つの特徴。あなたは大丈夫?
  6. 怪しい配布員に対しておこなう〇〇〇〇。これで100発100中、悪質配布員を摘発していました
  7. チラシを捨てたのがバレたら損害賠償はどうなる?実家の連絡先を聞かれたり、写真を取られたりするのか?
  8. 安全なチラシの捨て方(完全自己責任、悪用厳禁)
  9. 言い逃れできないのは〇〇が見つかった時の現行犯
  10. 古紙回収の日にチラシを出して、投棄がバレた配布員
  11. 捨て方は必ず〇〇へ確認せよ
  12. ポスティング会社と広告主のチラシ不法投棄に対する思考の温度差
  13. お金

などなど、「怪しい配布員に対して実行される〇〇〇〇」や「安全なチラシの捨て方」まで16,000字ほどのボリュームでお伝えいたします。

元ポスティング会社でバリバリやってた経験(実話)から語ってるので、Yahoo知恵袋などで素人が回答してる内容とは少々重みが異なりますよ。

それなりにお楽しみいただけると思います。

ポスティングバイトで人生を棒に振りたくないあなたへ。

少なくとも「ゴミ屋へ持ってけば大丈夫」なんてネット情報を安易に鵜呑みした「自殺行為」は起こさないようにしましょう。

チラシを捨てて逮捕、新聞に掲載された実例。

チラシを捨てて新聞に載った実例を紹介します。

「2017年6月2日 チラシ2万枚不法投棄 容疑で男2人逮捕(神戸新聞より抜粋)」

チラシ約2万枚を不法投棄したとして、兵庫県警生活環境課と長田署などは2日までに、廃棄物処理法違反の疑いで、神戸市兵庫区荒田町の無職の男(21)と、同市長田区四番町のポスティング会社社員の男(32)を逮捕した。逮捕容疑は昨年11月25~29日の夜間、同区四番町3の市営住宅のごみ捨て場に、ポスティング用のチラシ広告約2万枚をごみ袋5袋に詰めて捨てた疑い。長田署の調べに、無職の男は「頼まれて捨てたが、中身は知らない」と容疑を一部否認。会社社員の男は「頼んでいないし、捨てていない」と否認している。同署によると、防犯カメラの映像などから浮上。会社社員の男が無料通話アプリのLINE(ライン)を使って無職の男に指示し、配布前の宅配ピザやカレー店のチラシを捨てていた疑いが持たれている。以上

ゴミ捨て場にチラシを捨てて、不法投棄による廃棄物処理法違反で逮捕された実例です。

2万枚捨ててあったとの事ですが、A4サイズのチラシだとしたら、大人の肩幅くらいある段ボール箱(みかん箱程度)5箱分くらいなので、それなりの量です。

ゴミ収集車が持ってってくれるとでも思ったんでしょうか、近所の人か市営住宅の清掃担当の人に通報されてしまったんでしょうね。

ちなみに廃棄物処理法違反は5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金です。

このケースはゴミ捨て場への不法投棄ですが、そのほかにも道路沿い、農地、山林、河川、他人の土地などに自分勝手に捨てる行為を不法投棄といいます。

美しい自然や景観を損なうだけでなく、そのゴミから出る有害な物質が健康や生活にも悪影響を与えることから、自治体ではパトロールを強化しています。

監視カメラの設置や、区民・市民・町民の皆さんへ協力の呼びかけを実施してますよね。

このように不法投棄はたくさんの人から目を付けられているとお考えください。

ポスティングの悪事で、許される事と許されない事

ポスティングの仕事で配布スタッフがやらかしてしまう悪事がいくつかありますが「許される事」と「許されない事」があります。

まず、許される悪事ですが、

  • 配布禁止と指定されてる住戸に入れてしまい、その結果クレームを起こしてしまった
  • エリアの越境をしてエリア外に配布してしまった
  • 同じポストに同じチラシを複数枚配布してクレームを起こしてしまった
  • 戸建指定されてるチラシをマンションに配ってしまいクレームを起こしてしまった
  • 入れ方が汚いことでクレームを起こしてしまった
  • マンションの横で立ちションベンをして管理人からクレームを起こしてしまった

これらのことは大勢の配布スタッフを抱えていればよくある悪事で、注意はあるものの比較的許されます。

会社によっては雷を落とされることもあるでしょうが、それでも故意でなければ改善要求や厳重注意される程度ですましてもらえるでしょう(なんどもやってしまうとヤバイですが)

そう聞くと意外と許されることだらけの印象じゃないですかね?

ぶっちゃけこの程度の悪事は可愛いものでした。

それに対して、ポスティングで「許されない悪事」って何でしょうか。

許されないこと、それはただ一つ、

チラシを捨てること。

はい、ポスティング会社はチラシを捨てる人間だけは許しません。

絶対に、絶対に、絶対に、許しません。

なぜかって、会社が倒産してしまうからです。

広告主からは広告料の不払い、印刷代の請求、損害賠償請求、最悪なケースでは「不法投棄をする悪質ポスティング会社」とレッテルを貼られ、そのような情報が広まってしまった暁には、各取引先から見放され売り上げは激減、瞬く間に経営難に追い込まれてしまう可能性すらあるからです。

不法投棄が新聞にでも取り上げられようものなら、経営は一気に傾いてしまうでしょう。

広告主から大目玉を食らう程度の投棄事件ならまだマシですが、経営難に追い込まれる危険性をはらんだ投棄事件ってたまらないですよね。

だからこそ、チラシの不法投棄だけはポスティング会社が絶対に防がなきゃいけない行為ですし、絶対に許されることがない唯一の悪事であると肝に命じてください。

真面目な話「ちょっとくらいなら」なんて甘く考えないほうがいいですよ。

たった20部程度の投棄だとしても投棄は投棄「氷山の一角」と判断され大騒ぎになります。

部数は関係ありません。

広告主から投棄の第一報が入ったら、ポスティング会社の従業員は即現場に駆けつける訳ですが、チラシを回収したら広告主へお詫びに向かい(がっつり絞られます)、その後はチラシを捨てた配布員をしらみつぶしに調べていきます。

それは24時間365日、夜中だろうが早朝だろうが、雨が降ろうが台風だろうが、大晦日だろうが正月三ヶ日だろうが一切関係ありません。

投棄が見つかったら否が応にも即、広告主に出動させられることになるのでポスティング会社の従業員達は疲労困憊です。

怒りの矛先はどこへ向けられるでしょう。

ええ、チラシを捨てたあなたへ当然向けられますよね。

チラシを捨てる行為は「不注意」でもなければ「ほんの出来心でやってしまった過ち」でもなく、ポスティング会社や広告主を侮辱した「悪意を持った意図的な犯罪行為」と見なされます。

あなたが絶対にバレることなくチラシを捨てる自信があるなら、どうぞ気を緩めることなく捨ててくださいね。

恐ろしい体験が訪れないことを心よりお祈り申し上げます。

そのくらいチラシを捨てる行為ってヤバイことだと思ってください。

絶対にやってはいけないチラシの捨てかた

バレる人はなぜバレるのでしょうか?

バレる人は捨て方がびっくりするくらい雑で、物事を深く考えられない未熟な人なんだなと呆れさせてくれます。

捨てたチラシが発見されたら、チラシに記載された広告主の電話番号へ連絡が行きます。

「おたくのチラシが投棄されているよ」とか「チラシが邪魔だから回収に来いよ」とかそう言った苦情の連絡です。

広告主からしたら寝耳に水ですし、当然ポスティン会社に怒りの電話を入れ「誰が投棄したのかすぐ調べろ!」と怒り心頭一喝します。

意味不明な捨て方も散々見てきましたが、絶対にやってはいけないチラシの捨て方をご紹介します。

続きは「note」で読むことができます

続きは「note」にて紹介していますので、ボタンを押して「note」へおすすみください。

【危険】ポスティングのチラシを捨てるなら「ゴミ屋へ持ってけ」のウソ。逮捕・損害賠償されない捨て方は一つだけ【悪用厳禁】......

の続きを読む↓

続きはこちらから(noteへ)

ポスティング会社がチラシを捨てられないために対策していること

「怪しい」とマークされる配布員の8つの特徴。あなたは大丈夫?

怪しい配布員に対しておこなう〇〇〇〇。これで100発100中、悪質配布員を摘発していました

チラシを捨てたのがバレたら損害賠償はどうなる?実家の連絡先を聞かれたり、写真を取られたりするのか?

安全なチラシの捨て方(完全自己責任、悪用厳禁)

言い逃れできないのは〇〇が見つかった時の現行犯

古紙回収の日にチラシを出して、投棄がバレた配布員

捨て方は必ず〇〇へ確認せよ

ポスティング会社と広告主のチラシ不法投棄に対する思考の温度差

お金

などなど、盛りだくさんでお伝えしています。

【危険】ポスティングのチラシを捨てるなら「ゴミ屋へ持ってけ」のウソ。逮捕・損害賠償されない捨て方は一つだけ【悪用厳禁】......

の続きを読む↓

続きはこちらから(noteへ)

ポスティングバイト記事(アクセスTOP5)

  1. 【求人サイト・募集先の一覧】今のポスティング会社に満足してますか?会社を変えるのもありですよ!

  2. 「ポスティングで3万稼げると思ったけど1万しか稼げなかったから辞めたい」【本質を知れば稼げます】

  3. 【法律違反?】ポスティングを早朝や夜間などの時間帯にしたら!?たった5つを実践するだけで、夜間でも不審者として通報されませんよ。

  4. 【危険】ポスティングのチラシを捨てるなら「ゴミ屋へ持ってけ」のウソ。逮捕・損害賠償されない捨て方は一つだけ【悪用厳禁】

  5. 【断言します】ポスティングバイトは楽しい仕事!ポスティングが辛い・ブラックなんてウソ!ポスティング最高だぜーー!


-ポスティングのコツ
-

Copyright© ポスティングとかネット印刷とか , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.